家族葬を火葬式で行うための準備

家族葬を火葬式で行うための準備

最近は葬儀をシンプルに行いたいと考えている人も多く、家族葬など、参列者を極力少なくする方向へと変化してきています。それは自分の身近な事だけでなく、テレビなどに出る芸能人も近親者のみで執り行ったなどのニュースが流れ、一般的な葬儀方法として定着してきているのがわかります。

家族葬もシンプルですが、より簡素化した葬儀のスタイルが火葬式です。火葬式は、一般的な葬儀で行なわれる様々な流れを簡素化した葬儀のやり方で、お迎え、ご安置、火葬という流れで行う葬儀です。通常行う通夜、告別式を無くしている分、時間と費用をかけずにシンプルにお別れができるようになっています。特に、家族葬で火葬式のみを執り行う場合、故人が高齢である方や、費用をなるべくかけたくないという方が選択する事が多くなっています。家族葬と聞くと簡素化した儀式のため、火葬式のように通夜告別式をしないイメージを持っている人も多いと思いますが、実は家族葬は、通夜と告別式を行い、もちろん僧侶も呼んで行うケースもあります。また簡素化したいと考えている場合は、家族だけで火葬式のみを行なうという人もいます。

一般的な考え方として家族葬は、小規模な葬儀だけど、費用面でも負担をかけない火葬式などのように色々なスタイルがあると理解して葬儀社などに相談をする事が大切です。自分達の持っている家族葬のイメージを葬儀社に伝えて準備をしないと、いざ本番になったときに考えていたのと違った形になってしまう事もあります。その場合、もちろん費用の面でも大きな食い違いが出てくる事もあるため、初めて取り仕切る時こそ十分に話し合いを持って進めていくようにしましょう。

では、火葬式のみを選ぶ人はどのようなケースが多いのでしょうか。さまざまなスタイルの中から火葬式のみを選択するケースで圧倒的に多いのが故人が高齢の場合です。特に、故人がまだ現役で働きに出ている場合などは、どうしても周りとの関係も多いため、葬儀を大きく行う必要がでてくる事もあります。その反対にすでに高齢で、身内の中でも年長者の場合、親戚でも顔を知らない人や友人や知人もすでに他界しているなどのケースもあるため、その点を考慮して家族や近親者のみで執り行うという事が増えています。火葬式のみで行う場合、送る側もバタバタする事なく故人との別れを惜しむ事ができるため、静かにお別れをしたいと考えている人にも選ばれている葬儀方法なのです。

INFORMATION

【2018年06月14日】 
ホームページを更新しました。