家族葬と火葬式のメリット

家族葬も少人数でしっかりと故人を供養できる葬儀の形ですが、火葬式はそれよりもさらに儀式を簡素化しているため、費用が抑えられるというメリットがあり、シンプルだけど丁寧に故人を送れる葬儀として人気があります。

最近は昔ながらの葬儀スタイルにこだわる事なく、無宗教の送り方や故人の好きだったものを飾る葬儀など様々な形が産まれています。それは葬儀の世界だけでなく、火葬後に使用するお墓もそのひとつで、お墓を持たずに海に散骨する方法や、お墓を継ぐ人がいない人でも使える墓など、その生活に合わせた方法で、自分がいなくなった時のために準備をしている人も増えてきています。

通夜や告別式を行わず、お迎えからご安置、その後はすぐに火葬を行う火葬式も様々な葬儀のスタイルの中の一つとして定着してきています。火葬式は家族葬よりもシンプルに行える葬儀のため、故人が高齢の場合や、もともと葬儀に費用をかけたくないという故人の想いを形にできるスタイルとなっています。

大勢の人ではなく家族に看取られて最後まで送ってほしいと願っている人も多く、高齢の場合は葬儀をよりシンプルに行ってほしいと生前から希望している人も増えています。その火葬式のニーズも高まってきており、火葬式は丁寧に故人を送ってあげられる葬儀のひとつとして定着してきているのです。