家族葬と火葬式ってちがうの?

家族葬と聞くとシンプルな葬儀をイメージする人も多いと思いますが、実際にはたくさんの葬儀の形があります。参列する人は少なくても、僧侶を呼んでしっかりと仏式で葬儀を行う人もいれば、僧侶も呼ばずに家族だけでお焼香をして送る人がいるなど、家族葬も家族の数だけスタイルがあるのです。

では火葬式はどのように行うのでしょうか。火葬式は、通常の葬儀に対して、お迎え、ご安置、火葬という風にお迎えから火葬までの間を簡素化したものです。そう考えると、火葬式は家族葬と似たような葬儀スタイルであるといえます。家族葬のいいところは何と言っても、費用を抑えられる点です。事前に参列する人がわかるため、食事や香典返しなどのめどをつける事ができます。また、故人が高齢の場合など、特に参列する人数が少ないと考えられる時など、家族や近親者のみで行う事で家族としても穏やかに故人を見送る事ができるという点が火葬式のメリットといえます。

何となくシンプルすぎると思う人もいますが、特に遠方から来ていて早めに葬儀から納骨までを終了させたい場合などにも利用される事が多く、多くの葬儀のあり方の中でも火葬式はよりシンプルに故人を送れるスタイルとなっているのです。