家族葬よりもシンプルな火葬式

最近多くなってきた家族葬よりもさらにシンプルな火葬式のみを執り行う背景には様々なケースがあります。それは、故人が生前からお葬式はコンパクトに行いたいという要望を持っていたり、費用をあまりかけられないというケースまで様々です。最近は特に小規模に故人を見送ることができる家族葬や火葬式が人気です。

お葬式に費用をかけられないという場合も様々な理由があります。葬儀に実際に費用をかける余裕がない場合もあれば、病気が長引いていて治療に費用をかけたい、老後を楽しむために資金を使って葬儀はひっそり行ってくれればいいと考えているなど、故人のためにどのようにお金を使うかがカギとなっていると言えます。コンパクトに葬儀を行うからといって故人の事を粗末に扱っているのではなく、逆に小さな形でもしっかりと送ってあげたいという残された人の気持ちで溢れているのが火葬式とも言えます。

火葬式はコンパクトになっているといっても、しっかりと従来通り僧侶をよんでお経や戒名をもらう事もできます。また、僧侶や戒名がいらない場合も祭壇をつくってお焼香をするなど、形式的な儀式をしっかりと執り行う事が可能なため、故人をしっかりと仏式で送ってあげたいと考えている人にも選ばれている葬儀方法となっています。